ペットロスとは

一般的に動物のほとんどの寿命は人間よりも遥かに短いです。
特にペットとして飼う動物はどれだけ長生きしても、飼い主自体が高齢の人間ではない限り必ずといっていいほど先に別れの時が来てしまいます。

このペットを失ってしまう状態がペットロスになります。
生前から愛していて、愛情を注いでいた存在であればある程それを失ったときのショックも大きいものです。
このペットロスによって生じる精神的な症状をペットロス症候群といいます。

この症候群によって生じる精神的な症状は様々であり、うつを発症してしまうこともあれば、感情に問題が出て情緒不安定になってしまう、神経に支障が出て眠れなくなってしまうことがあります。
ペットに関する症状も、まだ死を受け入れられずに生きていると幻覚や幻聴に陥ったり、まだ生きているという妄想に至ってしまうことがあります。
どれにしても死んだ事実を受け入れたくないと考えて「現実逃避」をしたいからこそ生じる症状です。

放置していても本人が最終的には立ち直ることもありますが、放置をすることで精神的におかしくなってしまって本人自体の人生、家庭へ影響を与えてしまう危険性もあります。
ではペットロスで立ち直らなくなってしまう原因としては何があり、立ち直れるようにする対策と本人以外の周りの人間はどのように考え、行動をしていけばよいのでしょうか。

少なくともペットロスになることは悪いことではありません。
それだけペットのことを愛していたという証拠であるからです。
立ち直る必要はありますが、愛した気持ちは忘れてはいけません。

Copyright © 2014 ペットロスってどんな状態? All Rights Reserved.